ごあいさつ

2020年7月を持ちまして、着物ショップ 『kosode』の店舗を閉店いたしました。
2004年のkosode設立と同時に明治神宮前に開店してから16年間、永きにわたってご愛顧下さった皆様に心から御礼を申し上げます。これからは諸処のイベントにて、みなさまにお目にかかります。

kosodeの拠点は渋谷区内の事務所に移し、もの作りを続けて参ります。
事務所☎ 03(3460)1019

下記に記した設立当時の気持と今の気持ちとの間に全くブレはありませんが、世の中の流れは大きく変わり、着物を取り巻く環境もずいぶん変わって参りました。
これからも新しい着物の在り方を模索しつつ、ものづくりを続けていきたいと思っておりますので、お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 
着物ショップ「kosode(小袖)」設立にあたって
長い間、洋服の世界に携わってきた私が、着物ショップ『kosode(小袖)』を始めようと思った理由はただひとつ、自分が求める商品と売り場がないということです。

呉服屋でもなく、古着屋でもなく、かと言って百貨店でハンガーに掛かって並んでいるキモノでもなく……洋服と同じスタンスで着物を選びコーディネイトして、自分を表現するための場所、そんな店をつくりたいと思ったからです。素晴らしい日本の文化である着物を、ハレのものとして遠くから眺めるのではなく、洋服で鍛えたセンスを武器に、装いの選択肢のひとつとして気軽に楽しもうではありませんか。

テキスタイルとコーディネーションと着こなし、これが着物のすべてです。
身にまとうことで初めて形が生まれます。そこに洋服とはまた違う楽しみがあるのです。
洋服を素敵に着こなす人は、着物姿も素敵なはず。

『kosode』はおしゃれを楽しむための、シックでカジュアルな着物を提案します。

 
kosode旧店舗 2004-2020
旧店舗の写真

kosode
kosode

 
「小袖」代表 杉浦 万美子
Mamiko Sugiura

武蔵野美術大学美術学科
日本画専攻科卒業

1978年(株)ワイズ入社
第一回目のパリコレクションより参加
テキスタイルデザイナーとして
Y’s,Yohji Yamamotoの素材開発を
担当する

1987年(株)ワイズ フォー リビングに
移籍。企画主任として、
同社の創設より16年間携わる

2004年「小袖」設立
9月10日、渋谷区神宮前に
着物ショップ「kosode(小袖)」を開店

2020年 着物ショップ「kosode」閉店
渋谷区内に事務所を移転し
イベント中心の展開に移行