ごあいさつ

着物ショップ「kosode(小袖)」設立にあたって
長い間、洋服の世界に携わってきた私が、着物ショップ『kosode(小袖)』を始めようと思った理由はただひとつ、自分が求める商品と売り場がないということです。

呉服屋でもなく、古着屋でもなく、かと言って百貨店でハンガーに掛かって並んでいるキモノでもなく……洋服と同じスタンスで着物を選びコーディネイトして、自分を表現するための場所、そんな店をつくりたいと思ったからです。素晴らしい日本の文化である着物を、ハレのものとして遠くから眺めるのではなく、洋服で鍛えたセンスを武器に、装いの選択肢のひとつとして気軽に楽しもうではありませんか。

気軽に楽しむためには、価格も大きなポイントです。
着物は高くて当たり前?
工芸品のような素晴らしいものは確かに高価だし、その価値もあるかもしれません。
でもそれは、一部の人の楽しみでしかないと思います。
洋服とかけ離れない予算で手に入れられてこそ、初めて現実のものとなるのです。

今まで洋服作りで培ってきた経験を駆使して、この問題に取り組もうと思っています。
テキスタイルとコーディネーションと着こなし、これが着物のすべてです。
身にまとうことで初めて形が生まれます。そこに洋服とはまた違う楽しみがあるのです。
洋服を素敵に着こなす人は、着物姿も素敵なはず。

『kosode(小袖)』はおしゃれを楽しむための、シックでカジュアルな着物を提案します。

kosode
kosode

 
「小袖」代表 杉浦 万美子
Mamiko Sugiura

武蔵野美術大学美術学科
日本画専攻科卒業

1978年(株)ワイズ入社
第一回目のパリコレクションより参加
テキスタイルデザイナーとして
Y’s,Yohji Yamamotoの素材開発を
担当する

1987年(株)ワイズ フォー リビングに
移籍。企画主任として、
同社の創設より16年間携わる

2004年「小袖」設立
9月10日、渋谷区神宮前に
着物ショップ「kosode(小袖)」を開店
 

Owner: Mamiko Sugiura

Graduated from Japanese painting course in Musashino Art University.

Joined Yohji Yamamoto (Y’s) in 1978.
Was involved in the first Yohji Yamamoto Paris collection as textile designer,developing new materials.

Transfered to Y’s for living in 1987.
Involved in the company as chief manager for 16 years, since the company was established.

Founded “Kosode” in 2004.
In 10th September of the same year, kimono shop Kosode opened.